2.21.2013

Olivia Anna Livki(オリビア・アンナ・リフキ)


Witam! tu Paula!

どうも、Paulaでっす☆

昨日はこのブログがきっかけで、久しぶりに
ポーランド大使館のお友達と会いました♪
いろいろ知らなかった興味深いアーティストを教えてくれたので、
大感謝です!

今日はその中からこの人を紹介します♪


Olivia Anna Livki(オリビア・アンナ・リフキ)



▼プロフィール
ポーランドで生まれ、ドイツのシュヴァルツヴァルトで育つ。ポーランド人の母とドイツ人の父の間に生まれた。
10歳の頃から音楽と映画に夢中になり、ヒップホップ、ソウル、60’sミュージックから
パンク、アートロック、アフロビート、サンプリングなどさまざまなジャンルを聴いて育つ。
17歳のときにベースを使って曲を書き始める。ベルリンで大学を卒業したのち、
2009年に自主制作した曲とPVをyoutubeに公開。ネット世界でじわじわと人気を得始める。
2011年にポーランドで出演したオーディション番組「Must Be The Music」への出演が
きっかけで、大きく注目を集めるようになり、
自分で作ったレーベル「 L I V V」から1stアルバム「THE NAME OF THIS GIRL IS」をリリース。
2012年には大手EMIと契約し、1stアルバムのデラックス版がリリースされた。
ホームページ
MySpace
年齢は不明だけど、多分26歳くらい。


大変な才能の登場です!!

なにしろこの子、ぜーーーんぶ一人でやっちゃう!
てか、できちゃうのがスゴイ!
歌も楽器もプロデュースも全部自分でやっちゃうし、
PVも作っちゃうし、果ては自主レーベル立ち上げてCDリリースしちゃう!!


そんな超DIY精神旺盛なアーティストというと、私が敬愛してやまないAni Difrancoを思い出します。


音楽的には、さまざまなジャンルのごった煮です☆
ベースはロックだけど、10代の頃にハマったというアフリカンなビートの影響が
色濃いし、ちょっと懐かしさを感じさせるようなところもある。



例えるなら、Ebony Bones
(エボニー・ボーンズ)、
Santigold(サンティゴールド)とかかな!




こちらがそのオーディション番組に出た最初の映像です ↓

Tel Aviv(テル・アビブ)


正直に言って、私、この映像観た時、涙がボロボロ出てきてしまったですよ。

新人とは思えないエネルギッシュなパフォーマンス、
力強いベースプレイ、血が沸き立つようなビート、
本当に、才ある者が出てきたって感じです。

審査員も絶賛してますね~♪








       


英語を話す家庭だったらしく、
曲は英語の曲がメインです。



いっぱいPVを紹介したいとこなんだけど、EMIポーランドにブロックされちゃってる><
ちきしょう。

こちらは何曲かまとめたプロモ映像 ↓


ん~パワフル!!

そして、衣装もいつもカラフル!そして、ステージで裸足!




















こちらは唯一観れる昔のPV(自主制作)です ↓

Hologram(ホログラム)

ベースがかっこいいな~♪

Girl From Fatima



この曲かっこいい♪ ↓

Josie Jawbreaker


TV出演以来、大きな注目を集めて、国内外のビッグフェスでもプレイしてるし、
Lenny Kravitzがポーランド来た時には、オープニング・アクトをつとめてます☆

Tennis Rackets

女の子ドラマ―もなかなかいい☆


とあるインタビューでOliviaは、
あま~いポップシンガーって、ホラー映画の怪物みたい。
と発言したりと、その個性派ぶりは音楽だけじゃなさそう!

今後、要要要要注目のOlivia Anna Livki、
是非とも聴いてみてください!!



読んでくださってありがとうございます♪
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村



 ファーストアルバムが買えるよ!