2.26.2013

PAKTOFONIKA(パクトフォニカ)


Witam! tu Paula!

どもっ!Paulaです!

最近女性アーティストの紹介が続いたので、
今日はメンズです☆
といっても、実は現存してないグループなんですが、
ポーランド音楽史上、見逃せない人たちだと思うので、
紹介しちゃうよ!

PAKTOFONIKA(パクトフォニカ)

左からFokus、Rahim、Magik


▼プロフィール
1998年にKatowice(カトヴィツェ)で結成されたヒップホップ・グループ。
それぞれ別のユニットで既に活動していたメンバー、MAGIK(マギク)<本名:Piotr Łuszcz(ピョトゥル・ウッシュチュ)>
FOKUS(フォクス)<本名:Wojciech Alszer(ヴォイチェフ・アルシェル)>
RAHIM(ラヒム)<本名:Sebastian Salbert(セバスティアン・サルベルト)>の3名によって結成。
ライブ時には、DJ Bambus(バンブス)も共に活動していた。2000年にはデビューアルバム
Kinematografia(映画芸術)」をリリース。多くのヒット曲を生み、人気を確立した。
しかし、リリース直後、MAGIKが飛び降り自殺によって急逝。残った二人で2002年に
Archiwum Kinematografii」を発表。2003年をもって解散した。


彼らの人気は、解散してなお絶大、と感じます。
彼らをリアルタイムで知らない若い世代でも人気です。
そんな彼らの代表曲である名曲がこちら ↓

Jestem Bogiem(俺は神だ)


センセーショナルなタイトル! 曲もキャッチー。
私も大好きです。
2000年の曲ですが、当時めーっちゃ流行りました!

ヒップホップ・ファンのみならず、さまざまなジャンルの音楽ファンにアピールした
名曲です。

彼らのラップスタイルは三者三様で、個性的なフローのMagik
念仏スタイル(私命名w)のFokus、オーソドックスな感じのRahimって感じで、
そんな個性が集まっていたのも人気の要因の1つではありましたが、

Pryorytety(優先)



やはり、なんといっても、この故Magik
カリスマ性なしには語れません。

彼は元々Kailber 44これも大好きなグループ♪)に
所属してて、脱退して、Paktofonikaを始めたのだけど、
Kailber 時代から、その個性的なフローは
際立ってました。
かつ、そのリリックも奥が深い、というか
彼の繊細な感性が光っているの。

もともとカリスマ性があったのに、
自殺と言う悲しいできごとで、
そのカリスマ性が不動のものになって、
今も語り継がれてる。


今や、“ポーランドのカート・コベイン”だ、

とか、

“ポーランドの2Pac”

とか言われたりします。



なぜ、妻子を残し、大成功を収めたアルバムの
リリース直後に自殺したのかは
謎のままです。




直筆のリリック。

“おれは神だ

お前も神だよ

ただ確かめてみなよ”

非常にキャッチーなこちらの曲は、無断でCMに使われて問題となりました ↓
怒ったグループは、使用料を一銭ももらわなかった。

Ja to Ja(俺は俺)   ft. Gutek(グテク)


さて(・ω・)b
なんで私が今さらのように、Paktofonikaを紹介しているのかと言うとですね、



なんと彼らの軌跡を描いた映画
去年ポーランドで公開になったからなんですよー!!!

そのタイトルもずばり
「Jesteś Bogiem(お前は神だ)」!!

当時のPaktofonikaを知っているだけに、私の興奮たるやもう、
腹の底から「ぬおおおおおおおおお!!!!」と
声に出来ない叫びがこみ上げてきましたよ。どうしたらいいんですかこれ。

映画でPaktofonikaを演じた俳優たち。


こちらが予告編です!


しかも・・・・いいのかな、Youtubeに全編あがってるけど。。汗

この映画、批評家によるレビューもよくて、昨年のGdynia(グディニャ)で行われた
映画祭では、主演&助演男優賞を含む、いくつかの賞を受賞したもよう。

あ~、早く見たいな~見たいな~。
Youtubeで見ちゃおうかな~。
でもDVDほしいな~。

Chwile Ulotne(かすかな一瞬)


というわけで、Paktofonika、ぜひ聴いてもらえたら嬉しいです。
映画になるほどの、彼らの不滅の人気を感じてください。







“すべてのひとが君を疑った時ですら、

彼らが間違ってるって証明してみろよ”



Magik






読んでくださってありがとうございます♪
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村