12.17.2013

DADDY'S CASH(ダディーズ・キャッシュ)


Siemka!!!!

Paulaです!!どうもご無沙汰してました!

実は12月初旬にポーランドから日本へ帰ってきましたー。
旅行中もっと旅行記や音楽記事UPするつもりだったんですが、旅行自体がてんこ盛りだったので、なかなかブログ用に時間がとれませんでした。
でも、地道に振り返って書いていこうと思うので、気長にお待ちください☆ミ

さて今日は!!久しぶりに音楽記事書きたいと思います♪♪
ブルース、ジャズ、ルーツミュージック、オールディーズなどが好きな人は注目!!

DADDY'S CASH(ダディーズ・キャッシュ)

fot. Monika Osuch
▽プロフィール
2010年に結成されたブルースバンド。2012年にジョン・リー・フッカーJrとの共作アルバム「That's What Blues Is All About」でデビュー。2013年11月に2ndアルバム「Body Blues」をリリースしたばかり。メンバーはベースのŁukasz Belcyr(ウカシュ・ベルツィル), ギターのRadosław Dzielski(ラドスワフ・ジェルスキ), エレクトロピアノ、オルガン担当Wojciech Inglot(ヴォイチェフ・イングロト), サックスのMichał Jasiczek(ミハウ・ヤシチェク), トロンボーンのMichał Borowski(ミハウ・ボロフスキ), パーカッションのŁukasz Wiercioch(ウカシュ・ヴィェルチョフ)Jędrzej Jasiczek(イェンヂェイ・ヤシチェク)
ホームページ
(źródło: materiały prasowe)
というわけでわりとまだ新しいバンドですが、すごいかっこいいです!
まずはこちらを聴いてください☆

Chingaling, chingaling


ボーカルのジョン・リー・フッカーJrの歌声が渋いですねぇ。
さすがブルース界の巨人の息子、といったとこですね!
そして、バンドの演奏も素晴らしいです、かっこいい!

こちらは1stアルバムのタイトル曲。

That's What Blues Is All About


踊り出したくなるグルーヴ感♡ PVもおちゃめで楽しい感じです。

こちらはポーランド人シンガーBeata Bednarz(ベアタ・ベドゥナシュ)をフィーチャーした曲。

Something's wrong


DADDY'S CASH(ダディーズ・キャッシュ)は1stアルバムで既にゴールドディスクを獲得しています☆

こちらはぞくぞくするライブ映像です。

SHOUT


彼らはみなポーランド人のミュージシャンなのですが、海外、特にアメリカ(ブルースの生まれ故郷ですしね)のブルース・アーティストとコラボしながら、活動してるのです。演奏技術が秀逸なので、こうして海外でも活動できるのが素敵です♪

Boogie Woogie


2013年11月にリリースしたばかりのアルバム「Body Blues」ではアメリカ人シンガー、パム・ホーキンズとゴスペルコーラスとコラボしてます。
こちらはそのリードシングルのPV!

The Fillmore


黒人シスターズが主人公になってるほんわかなPV&心が温かくなるパムの歌声で本当に素敵★
クリスマスを前に控えた今の時期にもぴったり〜♪
クリスマスプレゼントにも絶対おすすめだな〜♪

実はこのバンドのプロモーション担当の子から、このPV制作に参加しない?と誘われてたんだけど、旅行スケジュールの関係で行けなかったんだ〜。残念!
すごく楽しそうですもんね♪
(źródło: materiały prasowe)
というわけでDADDY'S CASH(ダディーズ・キャッシュ)を紹介しました!
ブルース好きもそうじゃない人も!笑 是非聴いてみてくださいね♪



最後まで読んでくださってありがとうございます♪
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ