2.09.2014

Sorry Boys(ソーリー・ボーイズ)

Witam!

こんばんは、Paulaです!

東京都知事選の結果に憤怒してましたが、怒っても時間の無駄なので有益なことしたいと思います★ミ
最近プレイリスト作ってばっかでしたが、そろそろ普通の記事もUPしなきゃねってことで、
次のインディーロック・バンドを紹介しますねー!

Sorry Boys(ソーリー・ボーイズ)

▼プロフィール
2006年、Warszawa(ワルシャワ)で結成されたバンド。2010年「Hard Working Classes」でデビューし、高い評価を得る。2013年11月に2ndアルバム「Vulcano(火山)」をリリースした。メンバーは、紅一点のボーカル&キーボード担当、Bela Komoszyńska(ベラ・コモシィンスカ)、ギターのTomasz Dąbrowski(トマシュ・ドンブロフスキ)、ギター&キーボードのPiotr Blak(ピョトゥル・ブラク)、ドラムのMaciek Gołyźniak(マチェク・ゴウィジニャク)、ベースのBartosz Mielczarek (バルトシュ・ミェルチャレク)の5人。
ホームページ
http://brandnewanthem.pl/trzeci-singiel-sorry-boys/

というわけで、久々に(?)ちょうツボなアーティストです!
まずはこちらをどうぞ!

Pheonix


ぎゃー好き好き大好き!音楽的にはシューゲイズ、オルタナティブ・ロック、インディーロックという感じ。
歌詞はほぼ全曲英語歌詞です。ちなみにベース&ドラムはデビュー時から交代があった模様。

Evolution


わぁ〜。Belaのボーカルがいいですね〜!
みなさん、こういうの好きですか?私、すごいツボです。好きです。
よく考えたら、私の大好きなオーストラリアのバンド、The Jezabelsと同じ系統ですね(☆ω☆)

The Sun


Sorry Boys(ソーリー・ボーイズ)はポーランド国内のリスナー、批評家のみならず、海外からも高い支持を受けています。
2008年にはイギリスで開催されている、The Global Battle Of the Bandsというコンペティションにデビュー前なのに招待され、The Best New Band Polandの称号を獲得!

こちらはデビュー作からの曲★

Cancer Sign Love


メランコリックなメロディーとかったるそうなBelaの歌声にやられますね。
彼らは1stアルバムを出した後、HEY(ヘイ)Monika Brodka(モニカ・ブロトゥカ)ら大物アーティストのツアーでサポート・アクトを務めてます。

I Feel Life


http://www.dontpaniconline.pl/magazine/sorry-boys



昨年11月に出た2ndアルバムについて、Belaはこう語っています。

火山で踊る人類の種類と原型についてのアルバムよ。破壊力と新たに形成すること、宇宙や見捨てられた街、裏切られた愛人における甘い孤独について歌っているわ。

なにやらぞくぞくするコメントですね(◎ω◎)





The Chance


2ndアルバムでは少しエレクトロの要素を取り入れているSorry Boys(ソーリー・ボーイズ)
ギターのTomasz(トマシュ)が自身の最大のインスピレーションは、U2The Edgeだと言っているのもなんかうなづけるかも。

こちらは今回のアルバムで唯一のポーランド語歌詞の歌。

Zimna Wojna(冷たい戦争)


最後にもういっちょ!こちらは2013年のOpen'er Festival(オープナー・フェスティバル)に出演したときのLIVE映像です。

The Sun


いかがでしたか?
彼らの音楽には、何となく憂いや悲しみみたいなものが漂っていて、それがまた魅力だなぁと思います。
思えば、そんな悲しみを秘めた音楽や映画がポーランドには非常に多いです。ある意味それもポーランドらしさなのかもなぁ。
とにかく個人的にはすっごくいいバンドだと思うので、是非ぜひ聴いてみてくださいね♪
http://www.dontpaniconline.pl/magazine/sorry-boys


最後まで読んでくださってありがとうございます♪
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ