4.21.2014

Tides From Nebula(タイズ・フロム・ネブラ)


Siema!!

昨日はイースターでしたね☆わたしも例年通り、玉子に色塗ったり、教会行ったり、ごちそう食べたりしました♪
さて今日は、かっこいいインストゥルメンタル・バンドを紹介します。

Tides From Nebula(タイズ・フロム・ネブラ)

foto.facebook
▼プロフィール
2008年Warszawa(ワルシャワ)で結成されたバンド。2009年にデビューアルバム「Aura」をリリースし、高く評価される。2011年に2ndとなる「Earthshine」を、2013年には3rdアルバム「Eternal Movement」を発表。ヨーロッパ各国をツアーし、その人気はポーランドのみに留まらない。メンバーは、ギターのAdam Waleszyński(アダム・ヴァレシィンスキ)、キーボード、ギターのMaciej Karbowski(マチェイ・カルボフスキ)、ベースのPrzemek Węgłowski(プシェメク・ヴェングウォフスキ)、ドラムのTomasz Stołowski(トマシュ・ストウォフスキ)
ホームページ
foto.facebook
なんか見事にメンバー全員の名字が、「〜フスキ」で終わってるのがポーランド人らしくていいですね!笑
まずはこちらを聴いてください。

Tragedy of Joseph Merrick


やばい、気持ちいい。いわゆる“持ってかれる”感じがたまりません。音楽ジャンル的にはポストロックといわれる奴に入りますかね。ちなみに、↑この曲は1stアルバムから。

Siberia


↑こちらは2ndアルバムからですね。ほんと気持ちいい、空間的な音楽で、部屋で夜聴くのもよし、野外で大音量で聴くのもよし、ドライブ中に聴くのもよしな音楽だと思います!

Up From Eden


↑こちらは2013年に出たばかりの3rdアルバムから。よりスペーシーになっている感じがします。彼らのバンド名Tides From Nebula(タイズ・フロム・ネブラ)は訳すると、“星雲から届く波”。メンバーのMaciek(マチェク*Maciejの愛称によると、“僕らは宇宙的なものや自然の持つ雰囲気なんかが好きなんだ。バンド名はうまくそれを表していると思う”だそうです。

Only With Presence


すごいかっこいいし、ボーカルが入ってもこれまたEPICでやばいことになりそう。インストゥルメンタル・バンドってあまり聴かないですが、Tides From Nebula(タイズ・フロム・ネブラ)はすごい良いですね!インストゥルメンタルがゆえに想像力を掻き立てられる感じ☆
こんな日本語的タイトル曲もあったよ♪

Satori


Tides From Nebula(タイズ・フロム・ネブラ)は音楽批評家や音楽ファンから厚い支持を受けてまして、ヨーロッパ各国をツアーしたりしていて、歌詞がない音楽ゆえに国境なんかないって感じで活躍しています☆日本にも来て欲しいですね!
これはLIVE映像!

Tragedy of Joseph Merrick  live at Trix, Belgium 2011


Tides From Nebula(タイズ・フロム・ネブラ)の音楽を紹介しました!インストゥルメンタル・バンド、ポストロック、EPICなロック好きな人は是非聴いてください♪
foto.facebook




最後まで読んでくださってありがとうございます♪
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ