5.23.2014

Reni Jusis(レニ・ユシス)


Halo!

Paulaですこんにちは!

今日はポーランドの“クラブミュージックのアイコン”と呼ばれたこちらのアーティストを紹介します。

Reni Jusis(レニ・ユシス)

fot. ZUZA KRAJEWSKA & BARTEK WIECZOREK/LAF FM
▼プロフィール
1974年3月29日Konin(コニン)生まれのシンガー・ソングライター。子どもの頃から音楽に目覚め、音楽学校でピアノを習う。1993年に出演したミュージカルがきっかけでプロデューサー、ラッパーのYaro(ヤロ)と出会い、共に音楽活動を開始。1998年にアルバム「Zakręcona(夢中)」でデビューし、高く評価される。以来、アルバム毎にさまざまなスタイルを取り入れ、ファンを魅了。その他のアルバムに「Era Renifera(トナカイの時代)(1999)」、「Elektrenika(エレクトレニカ)(2001)」「Trans Misja(トランス・ミッション)(2003)」「Magnes(磁石)(2006)」「Iluzjon cz. I(幻想 第一部)(2009)」。2008年にシンガー・ソングライターのTomek Makowiecki(トメク・マコヴィェツキ)と結婚し、現在二児の母。
ホームページ
http://polki.pl/zycie_gwiazd_plotkiiploteczki_artykul,10028738.html
この人も2000年代ポーランド音楽シーンで大きな存在感を放つアーティストです。まずは、2003年のアルバム「Trans Misja(トランス・ミッション)」からこちらをどうぞ!

Kiedyś cię znajdę(いつかあなたを見つけるわ)


このアルバムではエレクトロ・ミュージックを大きく取り入れていました。ちょうどトランスも世界的に流行していた時期ですしね。彼女の声はダンスミュージックにとけ込んでいて、とても聴きやすいです。

Magnes(磁石)


↑こちらは2006年のヒット曲。爽やかなダンスポップ曲です☆
この頃にReni(レニ)はポーランドの“クラブミュージックのアイコン”と呼ばれるようになりました!
実際、デビュー以来さまざまなジャンルを取り入れながらダンスミュージックをやってきて、かつ全アルバムが大ヒットしている、というすごい人なのです。
こちらは1998年のデビュー曲。

Zakręcona(夢中)


きゃー!!笑 ものすごい90s感に思わず叫んじゃいました。笑 デビュー当時はR&Bやヒップホップの影響の強い音楽をやっていたReni(レニ)。2ndではレゲエを、3rdでは2ステップやハウスを、4rd以降エレクトロポップを、といった感じで新しいジャンルを取り入れ、どんどん進化していきました。

Nic o mnie nie wiecie(わたしのこと、あなたたちは分かってないわ)


ちなみに、Reni(レニ)はすべてのアルバムでフレデリック賞にノミネートされていて、その数は、ノミネート17回、受賞5回!!結構すごい人です。
さて“クラブミュージックのアイコン”として名を知らしめていた彼女が、打って変わってアコースティックなサウンドを打ち出してきたのが、2009年リリースの「Iluzjon cz. I(幻想 第一部)」。

A mogło być tak pięknie(こんなに美しくできたのに)


この大きな方向性の転換についてReni(レニ)は、“デビュー10周年にして原点に立ち返る機会だと思った。私が最初に魅了されたような音楽をやる準備がやっとできたと思うわ”と語っています。実際このアルバムでは、彼女自身の音楽的才能やその豊かな表現を味わえる感じになっています。このアルバム制作のときのデュエットがきっかけでTomek Makowiecki(トメク・マコヴィェツキ)と結婚したのかな!?ふふふ

Dwoje na huśtawce(ブランコの二人)


ちなみに出産してからは、EKO MAMAというプロジェクトを立ち上げ、自然にそったナチュラルでオーガニックなライフスタイルを提唱していることでも有名。ちょこちょこ音楽活動はしているものの、最後のアルバムリリースからもう5年が経ってしまっているので、そろそろ新作も聴きたいですね♪

Ostatni Raz(これが最後)


Reni Jusis(レニ・ユシス)の音楽を紹介しました!是非聴いてみてくださいね♪
http://namonciaku.pl/3miasto/1,113053,11101163,Tomek_Makowiecki_zostal_ojcem__Po_raz_drugi.html


最後まで読んでくださってありがとうございます♪
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ