7.04.2014

Patrick the Pan(パトリック・ザ・パン)


Halo Halo!

どうもPaulaです!
相変わらず天気が微妙な日が多いけど、はやく梅雨終わるといいですね!
でも今日はこんな梅雨空にも合うフォーク系のシンガー・ソングライターを紹介します!

Patrick the Pan(パトリック・ザ・パン)

foto.facebook
▼プロフィール
1989年kraków(クラクフ)生まれのシンガー・ソングライター。本名Piotr Madej(ピョトゥル・マデイ)。2013年に自主制作でリリースしたデビューアルバム「Something of an End」がネットで話題となり、大手レーベルKAYAXと契約した。
ホームページ
(foto.facebook)foto. Artur Rawicz / koncertomania

デビューしたばかりながら大きな注目を集めているPatrick the Pan(パトリック・ザ・パン)。まずはこちらをどうぞ!

Bubbles



音楽はフォーク、アコースティックな感じ☆北欧系のアーティストやBon Iver、ポーランドでいったらFismoll(フィスモル)なんかと同系統のジャンルですね。繊細で内省的。じんわり心に沁みる感じ。

The Moon and The Crane



Patrick the Pan(パトリック・ザ・パン)ことPiotr(ピョトゥル)君は独学でギターとキーボードを学び、2012年に部屋に閉じこもって、歌詞、作曲、録音すべてを自分でやってデビューアルバムを作り上げました。

Exiles Always Come Back



そこからネットで評判を集め、人気シンガーDawid Podsiadło(ダヴィド・ポドゥシャドゥウォ)がFacebookで紹介したことから、人気に火がつきました。結果、KAYAH(カヤ)の主催する大手レーベルKAYAXと契約することになりますが、それも元Myslovitz(ミスロヴィッツ)のカリスマボーカリスト、Artur Rojek(アルトゥル・ロイェク)が勧めたからだ、というから、この注目度の高さと出世のスピードはかなり異例なことだと思います!

See You Soon (Coldplay cover)



Piotr(ピョトゥル)君はさまざまな音楽を聴くらしいですが、一番好きなのはレディオヘッドだとか。うんうん、分かりますねえ。こちらのライブ映像見てみると、トム・ヨーク好きっていうのが伝わってきます。

Lunatique



フォーク系シンガー・ソングライター、Patrick the Pan(パトリック・ザ・パン)を紹介しました☆聴いてみてくださいね♪

ここで聴けるし、買えるよ♪



最後まで読んでくださってありがとうございます♪
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ